時間を手中に収めるかのように

ITの仕事をしている方の中では、ワークタイムという言葉に敏感になる方がおられるでしょう。常にキビキビとした対応が求められるであろうITの業務において、計画性のある仕事を実現させるために、一日の仕事の流れを細分化して一つ一つの仕事に割く時間を算出していき、滞りのない仕事となるようにしていく方がいるのではないでしょうか。
効率の良い仕事をするために仕事の優先順位を決めていき、重要な仕事であれば多くの時間をかけて、それ以外の仕事は余裕のあるときに手を付けていくという用意周到さがエンジニアにも必要となるのです。

働いている自分っていかにもカッコいいと考えている方が少なくないでしょう。男性の方ならば、仕事で活躍する自分のことをナイスガイと自画自賛していき、IT社会は俺を中心として回っているんだ、というくらいの自信を持つことは珍しくないと思うのです。
自分を情報発信の要とする自信こそが、その人にとっての人間性を形作ることになり、IT社会に生きる男の生き様を貫き通そうとしていく姿勢こそが、情報化社会で活躍する方にとっての喜びとなっていくのです。

ITの仕事で時間を割くことが、「俺はワークタイムを自由自在に操れる優れた人材なんだ。俺の情報力を必要としている人達の役に立てるように、これからもIT社会を生き抜いてみせる」とおっしゃることがあると思うのです。ワークタイムという横文字の響きが伝わってきそうな言葉を使うことで、未来を先取りするイカした奴なんだ、ということを象徴させているように感じてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です