周りに自分を認めてもらう努力

ITの仕事をしているうちに、自分が任されている業務に忠実に従っているという自覚を抱くようになり、ずっとこの会社に居続けてみんなの役に立っていこう、という気持ちを抱くことがあるでしょう。

その気持ちから、一日でも早く仕事に慣れていこうとする目標意識があることがうかがえてきて、仕事に慣れることが会社に報いることなのだと思っているのではないでしょうか。自分が会社にとって必要な人材で有り続けたいという気持ちが強いほどに、仕事に慣れたいという信念が培われていき、その信念が時として自分の殻を突き破るきっかけとして、自分の能力を底上げする上での拠り所になり得ることが多々あると思うのです。

自分が携わっている業務に強い責任感と誇りがあることで、今後のITの知識や技術の習得に前向きになろうとする意識が喚起されていき、新たなITの技術や知識を武器とした上で、まだ見ぬ未改革の土地を目指していこうという気持ちが培われていくのだと思うのです。

IT企業でバリバリ働くエンジニアの姿を見た方の中には、「自分もあの人のように仕事ができたらカッコいいだろうなあ、自分の目覚しい仕事ぶりによってみんなの視線を釘付けにするために、あえてレベルの高い仕事に挑戦するもの悪くないよな」と思うようになることがあるでしょう。

そのため、現在自分の担当として扱っている業務を通して、仕事に対する精度を高めていくうちに、その仕事に対して慣れることで周りの人から認められるようになろうとする目標意識を掲げていくようになると思うのです。
しかしまあ、エンジニアとして力を試したいときが来たときは、フリーランスとして人生を歩んでみてもいいかもしれないと思うのです。エンジニアの求人や案件は今時代、たくさんあるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です